上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.03.19 だめだった…
こんばんは。

午前中に筆記試験受けてきました。
やっぱり難しかった…
それでも勉強の成果が出たのか、他社よりはあきらかにましだったのですが。

それでも、落ちました。

まさかの当日合否連絡…
結果が全てではないとおっしゃっていましたが、この速さを見ると結果以外の何を見ているというのかと思ったりもしてしまいます…
内容も頑張りも覚えているだけに、なんかいつもより悲しくなるなぁ…
まぁ成績が悪いというだけで合格ラインに到達していないのだから、落とされて当然ですが。
甘く見ていたつもりはなかったけれど、でもやっぱりこういう問題ができなければ、簡単に落とされてしまう現実を知りました。
なんだかなぁ。記憶力がない自分のことを、久々にここまで嫌いになった。
聞いたことある、見たことある、そんなものがたくさん出ていたのに、結果として思い出せない。
これこそバカの証なのかしら。と思ったりもして。

記憶力が悪いということは、物覚えが悪い、仕事のできない人間、ということなのかもしれません。
ダブルでショックです。

それに夢を昔から追い続けている人と、最近夢を見つけた人、気持ちや立場は同じでも、スタートラインが違うんですよね。ということを再確認。ふてくされなう。

でも、記憶力が悪いとか、目指し始めたのが遅いとか、そんなのはわかっていたことで。
だからつまるところ、全てそのウィークポイントを補う努力が不足していた、ということに尽きる。

もう頑張れない。そう言うのは簡単だけれど、本当にそんなに言うほど頑張ったか、思い返すと、やっぱり足りてない。
だから。これからも続けていこう。



いつか絶対、絶対、絶対!!!!!!!!
自分を落とした会社が後悔するくらいの人材になってみせる!!!!
もしくは!秋採用に挑戦して合格してやる!!!!←




という意気込みで、これからもがんばっていこう。
まだまだ、沢山の出会いが私を待っているのだから。

とりあえず、今日はゆっくり休む日。
心を整えて、明日からまた頑張るぞ!!!

それでは、おやすみなさい♪


~Today's wise remark~

「バカがバカの真似してんじゃねえ、このバカ!」
(出典:『映画 図書館戦争』/原作:有川 浩/監督:佐藤 信介)

特に名言ではないかも知れませんw
ですが、私にとっては気付きを与えた言葉の一つです。(映画は見ていないのですがw)

私は自分が賢くないのを知っているつもりです。賢い人を尊敬したり羨んだりもします。
そしてその人たちを真似して行動してみたりもします。
それ自体を間違いだとは思っていません。学ぶことはたくさんあります。

でも、誰かのまねをしていいところを沢山吸収しようとしてみても、その結果出来なくて悲しい思いをしたりもします。
そんなときにこの言葉を聞くと、他人を真似するのではなく、まず「自分」が大事なのだ、と思えるのです。

他人のいいところを尊敬したり真似したり。
それももちろん大事です。
でも、それが出来なかったからうまくいかなかったからといって、悔しくなる必要なんてない。
自分には自分に合ったやり方があるのだから。
バカなりに、自分の道を模索したいと思える言葉です。


Today's song

『輝く月のように』/Superfly
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://lihsora.blog.fc2.com/tb.php/7-2e12da0d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。