上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.03.17 難しいなぁ
結局昨夜は、アルバイトから帰った後、ぐっすりと寝てしまいました…
勉強もあまりできず何とも情けない。
とりあえず昨日の分を書きます。
今夜はアルバイトがないので、今日の分は今晩書きます!!(今度こそ!!)

アルバイトまでの限りある時間の中ではありましたが、勉強を少しして、その時図表の読み取りがあまり得意でないことに気付く…というか最初のほうにやったやつ、解き方忘れてたりするのあるし…
明日まで時間がないけれど、この記事を書き終わったら出来る限りやってみるつもりです。

さて、問題なのは。

K国屋さんのエントリーをまだしていない、ということ…
明日までなのに!!
今晩中にそれもせねば…
そして明日までにヤマカンで人物寸評に出る人を調べておかねば!!
ぎりぎりだしもはやそっちは出来る気がしませんが、やれることはやっておきたいものです。


最近悩んでいること。
それは、私が「書店」と「出版社」というものを目指す理由として、以前書籍のグローバル化を担いたい、とお話ししましたが、私の目標と向かっている先がかけ離れているのでは、という指摘を受けたこと。
私自身としてはあまりぶれていないように感じていますが、やはり遠回りであったり、険しい道のりなのかなぁ。

私は自分の力を過信しているわけではありません。
語学力もないし、今まで努力してきた人に比べたら、自分の頑張りなんてたかが知れているし、まだまだ未熟です。
グローバル化を担いたい、といいながら、その実私自身は担い手などには全くなれない人間のようなものです。
でも、それでもやってみたい、と思ってしまった。

以前、アメリカのサンフランシスコへ一か月の短期留学へ行きました。
語学力自体はものすごく伸びたというわけではありませんでしたが、海外の人々と友人になり、いろんな場所へ赴き、多くの人と意志疎通できる楽しさ、異なる文化間のズレや感覚の違い、その中で共通する感情など、さまざまなものを自分なりに学んできました。
そのときすでに書店でアルバイトをしていた私でしたが、運よく(?)アメリカにおける書店の老舗、「Borders」の倒産という時期と被ったということもあり、書店の衰退やアメリカにおける書店の存在を、体感できたように思います。

Borders。あんなに大手で業界第二位という位置にいながら倒産してしまい、電子化の波が押し寄せているのを実感しました。
日本のコミックも置いてありました。(思っていたよりはるかに高値でした…だから一部の人しか読めないのかな。)
私の友人は(友人達だけなのかもしれませんが)少なくとも日本の漫画や書籍に関して、ほとんど知りませんでした。アニメもしかり。
少しなら知っているという友人もいましたが、こちらでの人気と海外での人気はやはり異なるようで。
鋼の錬金術師が好き!という意見には、なんとなく嬉しいようなくすぐったいような感じもしましたがw

もっと多くの人に、日本人にとって当たり前のように存在している漫画や書籍、映画やアニメといった文化をしってもらいたい。そう思ったのもこの時期からでした。

電子化の波というものは絶対に押し寄せ私達を飲み込み、強制的に変化をもたらしていくでしょう。
それでも書店というものが私は好きだし、そのような現実に直面してもなお、やっぱり書店の必要性というか需要はあるのではないかと思うのです。
まだ何も、現状を変える方法は思いつかないけれど、これから先も書店は生き残っていく(少なくとも日本では)でしょうし、電子と本がうまく共存できる方法を模索していきたい。
そして、その両方の面から、書籍のグローバル化を進めていけたら、それぞれの文化が混じったり確立したりすることでよりお互いの国への理解が深まれば、人間は新たなステップにすすめるのでは、とも思っています。

少し規模が大きくなってしまいましたが、以上のことから書店と出版社、もしかしたらそれ以外の分野でも同じことができるのかもしれないと思っています。

わたしのやりたいことから道が外れているのか、それとも遠回りでもそこにたどり着けるのか。
もし読んで下さった方がいらっしゃれば、ご意見等お聞かせいただけませんか?
どんな意見でもかまいません♪お待ちしております!!

とりあえず一日遅れたブログ更新でしたw
今晩こそもう一度書きます!w

~Today's wise remark~

「悲しみに屈するのは簡単。そんな暇があったら独りで踊って!手をふりあげて!」
(出典:『エリザベスタウン』/2005年 キャメロン・クロウ監督作品)

私が父を亡くしてふさぎこんでいた時に、救ってくれた言葉の一つ。
アメリカの人の死に対する考え方や感覚が、私は結構好きだ。
自分が死んだら、思い切りみんなが笑顔になるような曲を流してもらいたいなぁ。

悲しみに浸るのではなく、笑顔になる努力を。前を向く力を。

さて!いろいろやらねば!!


Today's song

『Lean On Me』/Bill Withers
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://lihsora.blog.fc2.com/tb.php/5-d4d8425b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。